治療と職業生活の両立支援

ご案内

病気になっても仕事を続けられる職場環境を作りましょう!
近年、がんの治療は進歩し、がんになっても仕事を辞めず、働き続けることができるようになってきました。企業としては、今後、労働者の高齢化に伴い、がんに羅患する社員の増加が見込まれるため、経営の観点からも、社員が治療を続けながら働くことができる環境を整備する必要があります。「治療と職業生活の両立支援」は、メンタルヘルス対策と同様に、今、企業が取り組むべき大きな課題の一つです。
独立行政法人労働者健康安全機構では、両立支援に関する各種支援を無料で提供しています。ぜひご活用ください。


厚生労働省治療と職業生活の両立について

治療と職業生活の両立支援サービスの内容

個別訪問支援

これから両立支援に取り組む企業の依頼を受けて、両立支援促進員(社会保険労務士、MSW(医療ソーシャルワーカー)、保健師等の専門家)が事業場を訪問し、治療と職業生活の両立支援に関する制度導入の支援や管理監督者、社員等を対象とした意識啓発を図る教育を実施します。


事業者啓発セミナー

平成28年2月に厚生労働省から示された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」等の普及・啓発を目的とした事業者等を対象とするセミナー、研修会を実施します。


個別調整支援

両立支援促進員が、事業場に出向いて個別の患者(社員)に係る健康管理について、事業者と患者(社員)の間の仕事と治療の両立に関する調整支援を行い、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成を助言、支援します。
この支援は、患者(社員)又は患者(社員)から主治医の意見書が提出された企業担当者や産業保健スタッフ等からの申し出により実施します。
※支援の実施に当たっては、ご本人の同意が必要になります。


窓口での相談対応

治療と職業生活の両立支援に関する相談に、電話、メール、面談等により対応します。
※面談は予約制です。

お問い合わせ

0742-25-3100(受付時間:平日 9時~17時)

0742-25-3101(受付時間:24時間受付)